So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)

 宮城県石巻市清水町1、南部かつみさん(46)方で10日朝、長女美沙さん(20)と同市内の高校生、大森実可子さん(18)が刺殺され、次女沙耶(さや)さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんを連れ去ったとして未成年者略取と監禁の疑いで県警に現行犯逮捕された同県東松島市の無職の少年(17)が、沙耶さんの元交際相手で石巻市内の解体工の少年(18)とともに南部さん方へ押し入る数時間前、友人に殺害計画を明らかにしていたことが分かった。【高橋宗男、垂水友里香】

 2人の友人らによると、元交際相手の少年は無職少年を「使いっ走り」のように扱っていた。友人らは9日深夜、元交際相手の少年が起こしたトラブルについて話し合うため、2人を探していたという。

 南部さん方近くの駐車場にいた2人を見つけたのは10日未明。

 この時、無職少年は「元交際相手の少年が(沙耶さんとの交際に反対していた南部さんの)母と姉を殺すと言っている」と打ち明けた。

 友人らは当初、相手にしなかったが、無職少年は「車に包丁がある。おれのせいにされる」と必死に訴え、包丁を握らされて指紋を付けさせられたことや、少年が革手袋をする予定になっていると説明したという。

 無職少年は「言うことを聞かないとお前も刺す」と脅されたといい、おびえきった様子だった。だが、半信半疑の友人らは「逃げるのは怖い」と繰り返す無職少年に愛想を尽かし、その場を後にしたという。

 友人の一人は「元交際相手の少年はいつも口ばかり。本当にあんな大それたことをするとは思わなかった」と話した。県警は元交際相手の少年や無職少年と交友関係のある関係者らから事情を聴いている。

【関連ニュース】
【写真で見る】石巻2人刺殺:逃走した18歳少年ら2人逮捕、女性は無事
【事件の一報】殺人:3人刺され女性2人死亡、少年が逃走…宮城・石巻
【関連記事】石巻2人刺殺:元交際相手の少年ら侵入後すぐに2階に
【関連記事】石巻2人刺殺:被害者、トラブルを「何度も警察に相談」
【関連記事】石巻の2女性刺殺:ドキュメント

HIV感染者減る!新型インフルで関心薄れ?(読売新聞)
「幻のチョコレート」日本初上陸 新宿で限定販売開始(産経新聞)
VISA、JCBでもネット献金=放送会社が新サービス(時事通信)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
小沢氏らに説明義務=鳩山首相−枝野担当相、けじめ発言「変えぬ」・衆院予算委(時事通信)

追い抜かれ立腹、信号待ちのトラック運転者殴る(読売新聞)

 広島県警福山西署は6日、同県福山市多治米町、派遣社員笠井勇樹容疑者(20)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、笠井容疑者は6日午前10時40分頃、福山市佐波町の国道2号で、同市内の男性会社員(33)の顔を殴るなどし軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、笠井容疑者はオートバイを運転中、男性運転のトラックに追い抜かれて立腹、信号待ちで停車したトラックの窓を開けさせて殴ったという。同容疑者は「近くで追い抜かれ、(危険を感じ)腹が立った」と話しているという。

 笠井容疑者は友人と4人で尾道市内にツーリングに行った帰りだったという。

<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
枝野氏が行政刷新相に正式に就任(産経新聞)
戦時中の強制連行の賠償請求、2審も認めず(読売新聞)
バンドメンバーら7人死傷=「我羇道」、新名神で横転事故−滋賀(時事通信)
ANA副操縦士“免許証”置き忘れ、3便に遅れ(読売新聞)

<氷河>ヒマラヤで年470億トン減少 琵琶湖1.7個分(毎日新聞)

 03〜09年にヒマラヤ山脈やその周辺で、琵琶湖1.7個分に相当する山岳氷河の氷が毎年減少したことが、日置(へき)幸介・北海道大教授(測地学)と大学院生の松尾功二さんの分析で分かった。02年に打ち上げられた米国の人工衛星の軌道データを活用して算出した。過去40年間の現地調査で推定された年間平均減少率の2倍に上るという。ヒマラヤの山岳氷河はアジア南部の貴重な水源で、市民生活への影響が懸念される。15日付のオランダの地球惑星科学誌に発表する。【西川拓】

 氷河の面積は航空写真で分かるが、体積や重量の把握は難しい。研究チームは氷河の増減が重力を変動させることに注目。重力の影響を受ける衛星軌道の変化から、アジア中央部の氷河の重量の変化を算出し、毎年470億トンの氷河が減少していることが分かった。この量は海面を年0.13ミリ上昇させる効果がある。

 国連環境計画によると、アジア中央部の山岳氷河の面積は約11万4800平方キロで、米アラスカに次いで広い。年470億トンの減少は氷河の厚さが年平均約40センチ薄くなっていることを示す。巨大な氷床のある南極では今のところ、急激な気温上昇がなく、当面の海面上昇を左右するのは山岳氷河になっている。

 ヒマラヤの氷河を巡っては、国連の「気候変動に関する政府間パネル」が07年の報告書で、「35年ごろまでに消失する」と記載したが、後に誤りを認める問題が起きている。

 日置教授は「数十年で消滅することはないが、温暖化で融解が加速しているのではないか。海面上昇に加え、乾期に下流のガンジス川などの流量が減り、農業に深刻な被害を与える」と話す。

【関連ニュース】
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化
【写真特集】グリーンランドの温暖化と滅びゆく犬ぞり
【写真特集】温暖化で激減 シロクマ絶滅の危機
【写真特集】温暖化により海面上昇、赤道直下の島の危機
【写真特集】奇跡のバランス地球 南極が教えてくれたこと

わいせつDVD店に部屋転貸=不動産仲介会社を初摘発−販売ほう助容疑などで警視庁(時事通信)
5台多重事故で29人軽傷=吹雪で停車、追突−北海道(時事通信)
インド洋海自給油 「ましゅう」「いかづち」が帰港 東京(毎日新聞)
防衛コンサル事件、判決は3月29日最終弁論 脱税の無罪あらためて主張(産経新聞)
将棋 17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)

【新・関西笑談】女性は一生輝ける(3)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)

 ■メールが速い、話が飽きない… 素晴らしい経営者には共通点がある。

 −−本堂さんは関西財界人との交流が幅広いですが、関西財界ならびに財界人の印象は

 本堂 素晴らしい経営者には共通点があると思います。講演活動では「レンズを通してみた財界人の素顔」というテーマで話をする機会が結構あります。講演で私は素晴らしい経営者の共通点は11項目あると説明しています。

 −−11項目ですか。興味がありますね。すべて教えていただけませんか

 本堂 まずはありきたりかもしれませんが、しっかりとした「経営理念」や「信念」を持っている。2つ目としては、素晴らしい経営者にはユーモアがあります。

 −−それはどういうときに感じるのですか

 本堂 お話をさせていただいていて、まったく飽きないのです。ときには「カワイイ!」と思える瞬間もあります。

 −−3つ目は

 本堂 人に厳しく、自分にはさらに厳しいところを持っている。11項目をすべて言ってもいいですか

 −−いいですよ

 本堂どんな人の話でも耳を傾ける姿勢。尊敬するある経営者は「どんな人の話からも勉強ができる」と言っていました。5つ目は、カメラマンとしての感想なのですが、自分がよく写る角度を知っています。つまり写真の撮られ方を知っている。6つ目はオシャレですね。7つ目は意外に携帯電話の操作がうまい。

 −−それはおもしろい意見ですね

 本堂 メールを打つのが速くてうまい。絵文字を使いこなす方も多い。そして、8つ目は独自の健康法を持っている。

 −−あと3項目ですが

 本堂 少年みたいなところがある。そして、深くて広い愛情がある。最後は、トップゆえに孤独なところです。

 −−素晴らしい経営者の共通点を聞き、これは男性全般にも当てはまることのように思います。ところが今は“草食系男子”がもてはやされるなど、とくに若い男性はだらしないといわれていますが

 本堂 逆にお伺いしたいのですが、男性から見て今の草食系男子をどう見ていますか

 −−自らを草食系男子だという男性はあまりいないと思います。女性が今の時代に求めている男性像なのではないでしょうか。というのも、男性同士の会話で「あいつは草食系だ」という話は、まずしないですから

 本堂 やはり、そうなのですね。私の中では男性は男らしくいてほしいと思うのですが、その草食系男子を作ったのは女性なのでしょう。

 −−草食系男子になってほしいという女性の希望に合わせる男性もどうかと思いますが。そこまで女性の希望を受け入れて、自分を変える必要があるのかと

 本堂 男性が“女性化”しています。女性に頼りすぎるのでは。本当にそれでいいのかと思います。男性が頼りにならないなら女性が“男性化”するしかないですね。(聞き手 香西広豊)

トラック、バス9万台リコール=エンジン止まる恐れ−三菱ふそう(時事通信)
<日本相撲協会>朝青龍関に理事会への出席要請へ(毎日新聞)
朝青龍、示談書を警視庁に提出(読売新聞)
日弁連会長決まらず 史上初の再投票に(産経新聞)
小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言−鳩山首相(時事通信)

ブログで運動OK ネット選挙解禁へ改正案 民主研究会が要綱(産経新聞)

 インターネットによる選挙運動を解禁するための公職選挙法改正案の要綱が5日、明らかになった。民主党の「インターネット選挙運動解禁研究会」(田嶋要会長)がまとめた。現行法では選挙期間中、候補者や政党によるホームページ(HP)更新やメール送信が禁じられていたが、基本的に解禁。候補者以外の第三者がネット上で特定の候補者への支持を呼びかけることも認められる。

 研究会は近く、同党政治改革推進本部(海江田万里事務局長)に改正案を報告。同党は今年7月の参院選で実現するために、通常国会への改正案提出を目指している。

 現行の公選法では、HPやブログ、メールなどは「不特定多数への文書図画の頒布」として扱われ、候補者や政党は選挙期間中、更新、送信することはできなかった。また、一般の有権者もネット上での選挙運動はできなかった。

 研究会がまとめた要綱は、「何人も選挙運動のために使う文書図画をネットなどで頒布できる」とし、ネット選挙運動を解禁する。候補者や政党、第三者がHPやブログ、ミニブログ「ツイッター」、メールなどで選挙運動を行うことができるようになる。

 ただし、候補者が有権者に電子メールを送る場合、事前に相手の同意が必要で、選挙運動用であることや送信者の氏名などの明記が義務づけられる。電子メールに関する義務違反には罰則を設ける。

 ネット選挙運動解禁については、なりすましや誹謗(ひぼう)中傷への措置が課題とされていたが、研究会は刑法の名誉棄損罪や公選法の虚偽表示罪などで対応するとしている。

 民主党はネット選挙運動解禁をマニフェスト(政権公約)に掲げ、研究会が昨年12月から検討していた。

【関連記事】
気分が選挙を制する!「面白いかどうかで決めるだけ」
ブレる政治家の火種 「鳩山VS鳩山」ネットで話題
加速するブログ市長離れ “権力乱用”で阿久根市「非常事態」
白熱、国会議員初のTwitter討論
選挙が変わる?ヤフーが「ネット選挙解禁」署名

将棋 渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦(毎日新聞)
<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)
小沢氏不起訴 識者の声(産経新聞)
免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故起こした元高崎市職員、追送検 群馬・伊勢崎署(産経新聞)
運転のブラジル人を逮捕=危険運転致死容疑で指名手配−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)

<ハイチ大地震>陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊(毎日新聞)

 大地震に見舞われたハイチの復興支援のため国連平和維持活動(PKO)に派遣される陸上自衛隊の1次隊34人が8日未明、首都ポルトープランスに到着した。1次隊は災害やテロ、紛争地での国際平和協力活動で中心的な役割を担う陸自の「中央即応集団」を中心に約200人で編成。米マイアミから順次入国し、ポルトープランスを拠点に被災者の仮設住宅建設のための整地やがれきの撤去などにあたる。

 約1カ月後には、陸自の北部方面隊を中心とする約350人の2次隊が現地入りし、活動を引き継ぐ。派遣期間は11月末までの約10カ月。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:死者20万人超す 倒壊家屋にまだ多数
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
ハイチ大地震:PKO派遣の自衛隊員 羽田などから出発
ハイチ大地震:復興支援PKOに自衛隊派遣 閣議決定
ハイチ大地震:PKOで調査チームを派遣 政府

警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑−愛知県警(時事通信)
<強盗強姦>女性6人暴行の被告に懲役18年 地裁小倉支部(毎日新聞)
福岡県町村会裏金事件、中島前副知事を聴取(読売新聞)
普天間移設「覚悟読み取って」 参院決算委で首相(産経新聞)
<雑記帳>堂島薬師堂節分お水汲み祭りに2万人 大阪(毎日新聞)

自民比例に元ヘアヌード女優を公認…今夏参院選(スポーツ報知)

 自民党は5日、参院選の比例代表候補として、元女優の田島みわさん(46)の公認を発表した。現在は食品開発などを手がける会社社長の田島さんだが、かつては「麻生真宮子(当初は真美子)」の芸名で活躍した元アイドル。NHK大河ドラマ「春日局」に出演、ヘアヌード写真集を出版したこともある。この日、スポーツ報知の取材に応じた田島さんは「いろいろな仕事をしてきて、すべてが私の経験として今に役立っている。隠すつもりはありません」と、政界挑戦を誓った。

 麻生は麻生でも、太郎ではない。この日、自民党の大島理森幹事長(63)が党本部で会見し、田島さんの公認を発表。資料には会社社長としての経歴が記されたが、党職員が「麻生真宮子」の芸名で活躍した田島さんの過去を明らかにした。

 田島さんは82年、日テレ系「スター誕生!」でグランドチャンピオンを受賞。84年、短大を中退して芸能活動を開始した。アイドルユニット「麻生真美子&キャプテン」として「愛はロマネスク」などの曲をリリース。身長167センチ、また下80センチの抜群のスタイルで、軽快な振り付けと歌声を披露。テレビ出演も多かった。

 解散後は女優・麻生真宮子として活躍。89年、NHK大河ドラマ「春日局」に「おふじ」役で出演したほか、民放ドラマやドキュメンタリー番組にも数多く出演した。

 91年には写真集を出版。スケスケのレオタード姿が表紙の「Especially」を発売。ヘアヌードブームに乗って93年には「FAKE」で伸びやかな肢体とヘアを惜しげもなく開放。サボテンが生える荒野や砂浜でB90(Eカップ)・W60・H87センチのナイスバディーを全開させている。

 94年の「フェロモン」では、さらに過激に。ボンデージでのM字開脚や、素肌への緊縛フォトが目白押し。同書内では「自分しか出せない自分を今の写真に残したい」と記している。

 音楽活動も続け、92年にはルーマニア国際音楽祭で審査員特別賞を受賞。その後3年間イタリアで過ごし、サッカー番組に出演するなど「国際派」として活動。当時から政治に関心を抱くようになったという。

 実は、昨年の東京都議選に板橋区からの出馬が浮上していた。地元関係者によると、公認寸前までいったが、インターネットで写真集の存在が明らかになり、公認が出なかったという。しかし今回は「執行部もすべて把握済み。それでも非常に勉強家でしっかりしており、話もうまい田島さんへの期待があって公認したんです」(関係者)。

 今後「元ヘアヌード候補」として注目されることは間違いない。田島さんは「芸能界ではテレビ、映画、舞台などたくさんの仕事をしました。写真集や映画のラブシーンもありましたが、そのなかの一部に過ぎないという認識です」とした。

 その上で「そのときの仕事やストーリー上、必要不可欠なものとしてこなしました。恥とか、隠さなくちゃとか、そういうふうには思っていないんです」と説明。「長い経験があってこその、今の私。すべて、良かったと思っています」

 国会議員のヌードといえば、民主党の田中美絵子衆院議員(34)が過去に出演した映画で美乳を披露していたことが判明している。

 ◆田島 みわ(たじま・みわ)1964年2月5日、福岡市生まれ。46歳。福岡雙葉学園中・高卒業後、大妻女子大中退。「麻生真宮子」などの芸名での芸能活動の後、会社を経営。現在は食品開発などを手掛ける株式会社TAJIMAの代表取締役社長。法大大学院政策創造研究科在学中。


 【関連記事】
岩淵が初のなでしこジャパン入り
期待の16歳・岩淵をなでしこ初選出
麻生真宮子 NHK大河ドラマ 大島理森 を調べる

<訃報>赤堀和郎さん75歳=元電通常務(毎日新聞)
<書店>新潟の老舗「北光社」 190年の歴史にピリオド(毎日新聞)
バレンタイン QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
政治主導法案を閣議決定へ=国家戦略局、刷新会議を明記(時事通信)
山本病院事件 理事長ら逮捕 「あり得ない」執刀 肝臓手術は未経験(産経新聞)

福岡の贈収賄、贈賄側の前事務局長を逮捕(読売新聞)

 福岡県町村会による贈収賄事件で、県警は4日、前同県副知事・中島孝之容疑者(67)(収賄容疑で逮捕)に現金100万円を渡したとして、贈賄容疑で逮捕状を取っていた町村会前事務局長・笹渕正三容疑者(80)(福岡県小郡市二森)を逮捕した。

 笹渕容疑者は「わいろは渡していない」と容疑を否認しているという。

 発表などによると、笹渕容疑者は全国町村会長で県町村会長の添田町長・山本文男容疑者(84)(贈賄容疑で逮捕)と共謀。2007年3月に設立された「福岡県後期高齢者医療広域連合」の運営方針について、町村会の要望が反映されるよう便宜を図った謝礼などとして、中島容疑者に現金100万円を渡した疑い。山本、笹渕両容疑者が県庁の副知事室に行き、山本容疑者が中島容疑者に現金を手渡したという。

 06年9月に発足した広域連合の設立準備委員会では、中島容疑者が会長、山本容疑者が副会長を務め、笹渕容疑者は副幹事長だった。笹渕容疑者は元県職員で、町村会と関係の深い県地方課(現・市町村支援課)に長く在籍。退職後は20年以上、町村会事務局長を務めていた。

 捜査関係者によると、中島容疑者は「受け取った金は便宜を図ったことに対する謝礼だと思った」などと供述し、山本容疑者も容疑を認めているという。

 中島容疑者の弁護人は4日、「職務権限について疑問があり、中島容疑者には、現金がわいろであるとの認識はなかった。長時間の取り調べを受け、言い分も聞き入れてもらえないまま、捜査官が考えたストーリーの調書に強引に署名させられている」とのコメントを出した。

山口大に鉱物コレクションの展示館(産経新聞)
12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表−国立天文台(時事通信)
<インフル>患者数、再び減少 累計は2006万人(毎日新聞)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
公訴時効見直しで対案=「撤廃」で一致せず−法制審部会(時事通信)

<初積雪>東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)

 低気圧が発達しながら通過した影響で関東甲信地方は1日夜、各地で雪となり、東京都心でもうっすらと雪が積もる(積雪は0センチ)など、各地の平野部で今冬初めての積雪を観測した。

 気象庁によると、1日午後8時現在で初積雪を観測したのは東京のほか▽長野県松本市3センチ▽前橋市1センチ−−など。2日午前6時までの降雪量は多い所で▽山梨県30センチ▽関東北部、埼玉県秩父地方、神奈川県西部、長野県15〜20センチ▽関東南部の平野部10センチ▽東京都心3〜5センチ−−の見込み。【福永方人】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析

将棋 佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級(毎日新聞)
知り合って1カ月で消費=男性から詐取の470万円−木嶋容疑者・埼玉県警(時事通信)
TBSゴールデンに韓国ドラマ 「経費削減のため」は本当か(J-CASTニュース)
女を殺人容疑で再逮捕 連続不審死で埼玉県警 (産経新聞)
「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。