So-net無料ブログ作成

シーシェパード元船長公判 きょう、論告求刑(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シーシェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で傷害罪など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長でニュージーランド国籍、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の論告求刑公判が10日午後1時半から東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれる。SSの妨害行為に対する初めての裁判で検察側がどの程度の重さの刑を求めるのかが注目される。

 検察側はこれまでの立証の中で、調査捕鯨船団の乗組員が軽傷を負ったことについて、ベスーン被告が「酪酸を投げ込むことの危険性を認識していた」として、傷害罪が成立することを主張。これに対し、ベスーン被告は「酪酸の危険性を認識していなかった」などと傷害罪については無罪を主張してきた。

 また、被告人質問でSSの活動との決別を示唆したベスーン被告。最近では、SSがベスーン被告を「除名」したことも明らかになっている。法廷でSSへの複雑な思いとともに、変わらぬ反捕鯨への信念を口にしてきたベスーン被告が最後に何を語るのか。

【関連記事】
[特集]シー・シェパード第3回公判
[特集]シー・シェパード第2回公判
[特集]シー・シェパード第1回公判
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議

<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
最もイメージの良いアスリート、トップはあの野球選手(Business Media 誠)
妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)
<菅内閣>消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
民主・輿石氏、参院選目標は「単独過半数」(読売新聞)

安全大使に「ひろみちお兄さん」=ライター事故防止、業界本腰(時事通信)

 ライターによる子どもの火災や事故を減らそうと、業界団体の日本喫煙具協会(東京)は27日、体操のお兄さんとして知られる佐藤弘道さん(41)を「安全大使」に任命し、適切な管理を呼び掛けるチラシの配布や、啓発イベントを行うと発表した。
 使い捨てライターは来年夏にも、子ども向けの安全機能がない製品の販売が禁止される見通し。しかし規制前のライターは多数あり、協会では新たな事故の発生を防ぐため、初めて大規模なキャンペーンの実施を決めた。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
【特集】健康になりたい!メタボにはこれが利く
受動喫煙で血圧上昇=住民調査で明らかに
「たばこやめて」、1位は「嵐」=市民団体主催のコンテスト
「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん

<普天間問題>「辺野古移設」反対…東京でも集会(毎日新聞)
自転車で用水路に転落か、女性死亡 東京・江戸川(産経新聞)
「ワクチン行政」医師悲鳴 だぶつく8400万回分(産経新聞)
八日市で大凧まつり(産経新聞)
<土偶>国内最古級1体 滋賀の相谷熊原遺跡で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。