So-net無料ブログ作成

小掛照二さん 東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)

 陸上の男子三段跳び元世界記録保持者で、9日に肝不全のため77歳で亡くなった小掛照二さんの葬儀が14日、東京都港区南青山の青山葬儀所で営まれた。日本陸上競技連盟や日本オリンピック委員会(JOC)の副会長も務め、選手強化に尽力した小掛さんを悼み、陸上関係者ら約400人が参列した。

 葬儀委員長を務めたJOCの竹田恒和会長や、桜井孝次・日本陸連名誉副会長が弔辞を述べた後、特にマラソン強化に力を注いだ小掛さんへの感謝の手紙が披露された。84年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表の増田明美さんは「(途中棄権した)五輪の後、心が折れた私は小掛さんから米国留学の話をいただき、明るさを取り戻せた」とつづった。00年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんは「98年のアジア大会では30キロ地点で両手に日の丸を持って声援をいただきました。シドニーの金も小掛先生の情熱があったから取れました」としたためた。手紙は遺族に贈られ、棺に納められた。【井沢真】

【関連ニュース】
Qちゃんファーム:高橋尚子さん、北海道で野菜づくり
東京マラソン:運営の財団法人設立へ
葬儀:小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で
訃報:小掛照二さん77歳=三段跳びで世界記録を樹立
JOCスポーツ賞:浅田真央が最優秀賞

皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
小沢氏、再聴取応じる意向=近く日程調整へ−陸山会規正法違反事件(時事通信)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス(医療介護CBニュース)

飼い犬助けようと川に飛び込み、男性不明(読売新聞)

 4日午前11時50分頃、新潟県長岡市川口和南津の魚野川で、福井県永平寺町けやき台、パート川嶋泰昌さん(46)が流され、行方不明になった。

 川嶋さんは、おぼれかけた飼い犬を助けようと川に飛び込んだという。

 新潟県警小千谷署の発表によると、川嶋さんは妻(45)と埼玉県内の実家から自宅に戻る途中で、休憩のため関越道を降り、川で犬に水遊びをさせていた。犬はその後、自力で岸に上がって無事だったという。

 現場の水深は約4メートルで、川の流れも速かった。新潟県警などのヘリコプターが出動し、同署員ら約50人態勢で捜索にあたった。

小沢氏辞任論にはくみしない、総務相が強調(読売新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
大阪・枚方市職員を万引容疑で逮捕 約2万6千円相当(産経新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
年長フリーター防げ!今春高卒、行政が支援(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。